レンジでも取れなければダメ。

 

 

 

 

 

 

おはようございます。高橋です。

本日は、朝から会議のため、リーディングはお休みさせていただきます。

代わりにこちらの記事をアップしていただきます。

 

さて、昨日はニューヨーク時間ではレンジでしたね。

一応、トレードをしていましたので、ポジションを作った場所をご紹介します。

全部、とても理屈が通った箇所です。そりゃ、思惑通りに動くでしょってところです。

こういう、場所で鬼枚数を打てるかどうか?まあ、これがプロとアマの違いでしょうか。

 

みなさんも、たとえば200枚トレードを出来る環境にあったとして、躊躇なくエントリーできる

ようにならないと、大きくは儲かりませんよ。これができるようになるために、リーディングをして、

理論を組み上げていきます。

リーディングと理論が組み上げられているから、エントリーできる。ということですね。

 

これは、メンタルを強くするということにつながっています。

まあ、正確に表現すると、メンタルの強弱は人により異なりません。どれだけ、リーディングを

しているのかの違いです。トレードは必ず勝てます。勝ってないのはリーディングが不足しているだけ。

 

私の語録があります。

「腕自慢のトレーダー。1000枚でやれって言ったら、ごみトレーダー。」

みなさんも、自分に置き換えて考えて下さい。1000枚の重圧に耐えられるトレードを

作ることが大切ですよ。大手は、5万枚くらい普通ですからね。

 

エントリーしたら、手足がしびれる経験をしていますか?

それを越えたら、だんだんしびれなくなります。これで、一人前のトレーダー。

まあ、そんな経験をする必要はありませんが、本質を理解するために知っておいてください。

 

では、ご参考に。

0114ent

 

 

私は人気がないね。↓ 何位か見てみ。

rankingbtom
kawaseclub

Add your Biographical Info and they will appear here.