失敗して投げるという動き

 

 

 

 

 

 

おはようございます。高橋です。

昨日のドル円相場は、朝から115円を目指す短期勢による断続的な買いがありました。

もちろん、長期目線では戻し売りをするという目線です。

しかし、どうしてもある程度レートを上げたいという勢力もいるわけです。私も115円でショートを持ちたいと考えてましたね。

そして、その取組みの結果がチャートに現れるということ。

買い支えが入ることによって、上昇形状となります。

 

しかし、どこかであきらめるポイントってあるわけです。

それが、午前中の動きです。115円を目指してあげてみる。しかし、どうも市場は賛同して

くれない。そうなると、どこかのタイミングで投げてくるということですね。

それが午後1時前後の動きとなります。そして、流れが変わるということ。

0217_c

チャートの細かな動きを追うことも大切なんですが、時間レベルで何が行われているのかを

知ることもとても大切です。

チャートから、いろいろな背景を感じ取りましょう。

 

 

 

参考になった方は、↓ 押してね。

rankingbtom
kawaseclub

Add your Biographical Info and they will appear here.