なぜ、戦う。

 

 

 

 

 

 

 

人生には、わかりやすく2つの道がある。

 

戦いを避ける生き方。

戦うことを恐れない生き方。

 

私の場合は、後者となります。

 

これは、結果論。

 

人生の中で、戦う生き方。戦いを避ける生き方。

どちらも試してみて、戦う生き方を選んだということ。

 

人生の前半は、ワンパク小僧ということで、喧嘩上等なんて感じ。

まあ、気に入らなかったら、拳で語るなんて、ひどい有様でした。

それから、社会人になってからは、協調に生きる道を選びました。

出来るだけ、争いごとを避ける。

男の器のでかさは、どれだけ許せるのかにある!

 

なーんて、考えたりした。

 

でも、うまくいかない。

 

困ったことに、この世の中は、人のことまで考えてくれる人は少ない。

まあ、生きるために必死なんでしょうが、奪い合いってのが現実。

争いごとを避けて、平和を愛し、すべてを許す。。。。。。

 

で、どうなったか。

 

都合の良いものは、奪われる。

誠意もなく、嘘ばかり。。。。

 

奪われて、倒されて、泥のついた靴で顔面を踏みつけられるような感覚。

 

これで、生きているって言えるのか?

 

だから、もう一度立ち上がることにした。

 

どうにも、平和を愛し、許すことでうまく生きられない。

 

そして、戦うための武器として、相場で生きるスキルを手に入れた。

 

元々ワンパク小僧である私だから、たちが悪いね。。。。

おまけに、武士系列ですから。

 

 

 

 

生きるって、孤独だよね。

 

戦いたくても、戦えないこともある。

 

奪われている人もいるだろう。

 

踏みにじられている人もいるだろう。

 

人生とは、かくも厳しいものなのか。。。。

 

 

君たちがどうなるのかは、私にはわからない。

 

でも、人生は先に進まねばならない。

そして、ただ生きるのではなく、希望を持ち続けなくてはならない。

 

これだけは、覚えておいてほしい。

 

どれだけ、批判を受けようとも、語り続ける奴がいる。

日々、迷いの中にあっても、戦い続ける奴がいる。

 

せっかく生まれた命。 謳歌しようではないか。

 

 

 

 

rankingbtom
kawaseclub

Add your Biographical Info and they will appear here.