新人に激怒!なんでそうなるんだ!

為替くらぶ:高橋投稿

おはようございます。昨日の雇用統計は、なかなか勢いよく

上昇しました。みなさんは、イベントではトレードされますでしょうか?

私は、基本やりません。

 

 

 

理由は単純で、イベントでのチャートの動きはわかりません。
わからないもので利益を得るのはギャンブルですから、

仮に負けたとしたら、それまでにしっかり相場を見てトレードした分を減らすことです。
これが我慢ならないので、イベントでのトレードはやらないですね。

さあ、今日は久々の激怒事件です。

それが、ロスカットにまつわるお話です。
この話は、うちのある新人くんに、はじめてある程度の予算を持たせて、
トレードをさせたことから始まります。順調に利益を出しているようでした。
しかし、ある日大きな損失を出してしまいました。

理由は単純、ロスカットが遅い!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

しばらく、トレード禁止、再教育となりました。

ここで、彼がなぜロスカットが遅れたのかです。
理由は、いいところを見せたかったという気持ちと、
それまで、利益を積んでいたので、それが減ることが嫌だった。
戻してくるだろうという根拠なき理由。

激怒は、もちろんしましたが、別に特別な事例ではないです。
誰もが一度は通るロスカットについての失敗です。

利食いは早いが、ロスカットは遅い。
これが人間の本来の特性ですので、彼は人間らしい行動をしただけです。

でも、これではトレードの世界で確実に消えていく人となってしまいます。
ロスカットのルールが甘い、もしくはまもれないトレードは、
どこかで絶対に破たんします。それも壊滅的に。

実は私も過去に数千万の損失を出したことがあります。
調子に乗って戻すだろうと思っていたら、ボコボコにされました。

そもそも、ロスカットとは損をするイメージを持たれているかもしれません。
まあ、損しますけど。
しかし、この発想を変えるようにしないといけません。
ロスカットから得られるものがあると思うことです。

私の短期のトレードは、勝率8割程度です。つまりは、20%は負けるということです。
リスクリワードは、1:1~1:3 程度に設定をしています。

つまり、負けてもトータルで勝つようにポジションを組み立てます。

どうだ!すごいだろ! っという話ではありません。

まだ、慣れない人は、ここまで組み立てるのは難しいのはわかります。

そうであるなら、まずはここから始めてください。

「エントリーは分岐ポイントで」

チャートが動いていると、必ず分岐のポイントというのがあります。
そのポイントでエントリーして下さい。
そうすれば、ショートと思ってロスカットになったら、買えば良いということです。
このようになれば、ロスカットを躊躇することはなくなります。

しかし、分岐ポイントがわかんないんだよ! と言われそうですが、
リーディングの解説を聞いていただければ、わかると思います。

 

 

 

rankingbtom
kawaseclub

Add your Biographical Info and they will appear here.