トレードしない勇気

為替くらぶ:高橋投稿

こんにちは。高橋です。

ドル円相場は、長いレンジから、なかなか抜けれない

状態が続いていますね。

 

 

来週も、レンジを予想しております。こんな時こそ、短期トレードスキルが力を発揮します。

短期トレードは、難しいですが、一度マスターしてしまえば、あなたはどんな相場でも勝てるようになります。

そういう意味で、あえて短期売買に特化してお話をしています。スウィングの話のほうがはるかに楽なんですが、

勝ってもらうのが目的ですから、仕方ありませんね。

 

さあ、今日は少し違う視点のお話をします。とにかく、いろいろな情報の多くはすべて、

「どうやったら、勝てるのか」ですね。

こちらのブログでも、もちろん勝つ方法について力を入れているのは、間違いありません。

しかし、冷静に考えてみましょう。

 

勝つための、手法の話や、インジケーターの話。

これらは、すべて自動車でいうところの、アクセルですね。

みなさんが、投資で儲けるということは、投資という自動車をうまく運転してもらうということです。

 

そうであれば、どうしてもお話しないといけないのが、ブレーキの話。

 

アクセルだけ踏んでいたら、事故ります。

危険な状況になったら、ブレーキを踏むことは生き残るために絶対に必要なことです。

 

では、具体的に投資でのブレーキとは何なのか?

 

それは、環境認識やポジション管理、資金管理からくる、ロスカットや取引停止です。

プロでも、もちろんロスカットをします。どんなにうまい人でも必ずロスカットをします。

そして、どんな人でも取引を見送る場面というのがあります。

プロでも、調子が悪くなると、トレードしない期間が必ずあります。

 

投資の世界で、エントリーについてお話しするのは簡単です。

しかし、ロスカットや見送るということをお話しするのは非常に難しい。

教材でも、ロスカットや見送ることについて特化したものはないでしょう。

伝えるのが難しいからです。そして、売れないでしょう。

 

話は、少しそれますが、みなさん毎日のトレード記録は付けていますか?

1日の損益はもちろん、どこで入って、その理由は?というところまで記録していますか?

もし、していない人がいたら、月曜日から記録して下さい。必ず必要です。

 

私が今まで見てきた記録で、トータル負ける人の記録を見ると共通点があります。

安定していない人の記録を見ると、必ずどこかで、平均以上の損失を出しています。

こういう人が1ヶ月トータルで損失もしくは、微益という状態です。

 

伝えるのが難しい損失管理ですが、私が言える誰でも使えるブレーキは。

 

「1日の損失限度を利益目標と同額に設定して、越えたらトレードしない」

 

というブレーキです。

決して、取り戻そうとしてはいけません。損失を大きくとってはダメです。

リスクリワードを1:1として下さい。

いろいろな、お話はこれをしてから、ということになります。

勝てないという人は、是非実践してみてください。

 

 

参考になった方は、↓ 押してね。

rankingbtom
kawaseclub

Add your Biographical Info and they will appear here.