ハイエナ・ファンド

お疲れ様です。
さて、本日はトレードのスタイルについてお話します。

人は、王道を進もうとします。
これは、トレードの世界でも同じこと。誰しもがトレンドを先に掴み、
最後まで取りきる素晴らしいトレードを目指します。

世界的に有名なトレーダーの多くがこのようなトレードスタイルです。

 

また、たとえ話で恐縮ですが、ニュアンスを掴んでいただきたいので。

 

誰でもが最初に憧れるのは、百獣の王「ライオン」。
素晴らしいトレーダーとは、言い換えれば「ライオン」のような存在です。

もちろん、普通の人はまずなれるなら、ライオンを目指す。

しかし、ライオンはカッコいいが代償がつきまとうもの。

颯爽と狩りを行いますが、戦いでは手痛い傷を負うこともある。

大きな体と体力があるからこそ、死なないだけ。

 

これを、いきなり普通の人がまねるとどうなるのか?

おそらく、耐えられないということになる。

 

では、反対側のダサい存在として有名なのが「ハイエナ」。

ライオンが食べた後の残りをいただくので、イメージは悪い。

しかし、ここに重要なことが隠されている。

 

私は、オーバーシュート戦略を得意とします。

トレンドの終わりを察知して、逆張りを行う手法です。

投資格言とは異なり、頭としっぽをいただきます。

つまりは、ハイエナのようなトレードが得意ということ。

 

なぜ、そのようなトレードスタイルになったのか?

 

完全に個人的な見解を述べさせていただくなら、

「頭としっぽはくれてやれ」に該当する身の部分ほどわかりにくいものはない。

 

実は、「頭やしっぽ」である誰しもが見過ごす部分のほうが、わかりやすいことがある。

 

皆さんも、ライオンに憧れるのも良いですが、ハイエナから学ぶこともあるかもしれません。

takahashi

Add your Biographical Info and they will appear here.