人の一生のように、チャートにも終わりが来る

よく、チャートは生き物であると比喩されることがある。

なぜなら、常に相場は変化し様々な影響を受ける。まるで人間のように。

そんなことから、一方向からの考え方だけで相場を捉えるなという

戒めも含めて、生き物であると表現されているのかもしれない。

 

もし、本当に生き物であるならば、人間と同じように良い時ばかりを

考えるのではなく終わりを考える必要があるのでないか?

そんな話をしています。

takahashi

Add your Biographical Info and they will appear here.