逆張りのスパイス

日銀のレポートによると、日本の一般トレーダーは順張り、短期トレードが

中心ということでした。

もちろん、初心者の方は順張りに徹するべきだと思います。

ただ、中級以上のトレーダーはカウンタートレード(逆張り)も手法として

持っている訳です。

トレーダーとして安定を求めるなら、やれとは言いませんがどんな時に

逆張りが狙われるのか?そんな視点も必要になります。

 

では、そんな一例を昨日の相場からピックアップしてご紹介しましょう。

 

 

上の通貨強弱対別チャートを確認すると、円安の相場展開です。

上の中心ライン、オレンジが円を示します。その他のラインがすべて上ですので

円は最弱通貨となります。

次に注目するのが、真中の中心ラインが赤です。こちらは対ドルを示します。

円を示すオレンジは下ですが、そのほかは上に位置しています。

 

これが意味するのは?

 

円は売られているが、実はドルも売られているということ。

 

では、実際のドル円チャートを見てみましょう。

 

 

午後2時までは、うなぎのぼり。しかし、その後一気に午前のブレイクポイントまで

売り込まれています。

 

つまり、このようなアンバランスを狙ってカウンタートレードが仕掛けられます。

 

順張り思考に、少しだけ逆張りの思考をスパイスとして加えることで、

安定したトレードを実現することができますね。

 





 

※理論検証のためのデモ取引です。
takahashi

Add your Biographical Info and they will appear here.