投資教育2.0

情報のバルクセール。

 

投資を学ぶ皆さんにとって、ここ数年で環境は大きく変わった。

5年前までは、需要はあるが情報が少ないのが個人投資の世界。

故に、情報は飛ぶように売れたのだろう。

 

そして、情報は新鮮味を失う。

 

これは、どの業界でも当てはまる進化のプロセスだ。

最初は、情報だけでも価値がある。しかし、情報とはもろいもの。

なぜなら、いくらでもコピーが可能だから。

そして、情報を利用して周辺グッズを売る者が現れる。

インジケーターやキャッシュバック目当て。

この人たちにとって情報は、餌でしかないので叩き売る。

 

現在は、この位置ぐらいでしょうか。

 

情報が無料でいくらでも手に入るのは、皆さんにとって素晴らしいこと。

しかし、困った問題が起こる。

情報があり過ぎること。そして、それを使いこなすことが出来ない。

これが、今皆さんがおかれた環境ではないだろうか。

 

投資教育は進化を求められている。

それを担う企業は、情報を提供する時代から、使い方を教える時代へ。

そして、その先にあるライフスタイルまでも提案することが求められる。

 

その進化の先に、投資大国「日本」という未来が待っているのかもしれない。

企業の皆さんの進化に期待している。

takahashi

Add your Biographical Info and they will appear here.